fc2ブログ
ネット上で見つけた動画を紹介します。

GilCrowsの映像技術研究所
[English Here]

TOPRSS
 トップ2005年12月27日
 

▼/upで公開されている歳末特別番組 インターネット首脳会議が予想以上に面白い件

slashupTV
歳末特別番組 インターネット首脳会議が予想以上に面白い件。/upとはまったく関係ないトークを展開しています。出演者の発言に関する補足。
▼続きを読む
スポンサーサイト



▼『略して slashup』[ショウ・テンランカイ]


『略して slashup』 "SAMURAI LAST ACTION SHAMISEN HOUSE ULTIMATE PROMISCUOUS" ミラー)[ショウ・テンランカイ]
『略して slashup』[MUZO BBS]
侍とくのいちのシルエットが織り成す殺陣は素晴らしい。サイトを見ればわかる通り、GIFアニメーションを製作されている方だけあって、アニメーションが凄い。アニメーションに関する考察も面白いですね。

やっぱりOPENは短い尺の作品が投稿されるだけに、実験的なことを凝縮して詰め込まれた面白い作品がそろっていますね。

▼やわらか戦車[ウェブテント]


やわらか戦車[ウェブテント]((・∀・)イイ・アクセスlivedoor ネットアニメ)
ウェブテントのラレコさん新作。くわがたツマミも面白かったですが、コレいいですねw。本当にどうしたらこんな愉快な発想が思いつくんだろう…。カワイイアニメーションに思わず笑みが。これもかなり中毒性が高いw。なにげにGIFアニメーションからベクターアニメーションに変わってますね。

(関連記事)ラレコさんインタビュー

▼Flash8 Test Pilot (Flash8のテスト)[名無しのさる]

Flash8 Test Pilot (Flash8のテスト)[名無しのさる]
Flash8 Test Pilot (Flash8のテスト)[MUZO BBS]←感想などはここ
/up OPENに投稿された作品。Flash8の機能の限界に挑戦した実験作とのことです。ミサイルが飛び交うシーンは「機動戦士のんちゃん」でも見られましたが、まさかFLASHで製作される方が現れるとは思いませんでした。一部では「坂野サーカス」なんて言われ方もしていた。もっと長い尺の作品も是非見てみたいなと思わせるFLASHでした。


こういった爆発のシーンは新たに光(グロー)の表現を獲得したFlash8ならではのリアルな描写になっている。

(関連)
板野一郎 - Wikipedia
板野サーカスの由来は「煙を引きながら立体的に迫る無数のミサイル、戦闘機やロボットのスピーディでアクロバティックな戦闘シーン」

▼MIXED [ORANGE AGE]

MIXEDミラー)[ORANGE AGE]
MIXED[MUZO BBS]←感想などはここ)
/up OPENに投稿された、実写を絡めたMG系FLASH。作者のkawachoさんは去年の紅白では「ability」を発表、デザイン賞を受賞しました。その作品ではベクターが中心でしたが、connect最新作「connects_9th」ではラスターベースのCOOLなモーションを展開。今回の作品でもその技術をふんだんに取り入れています。


このシーンが目を引きました。ピンク色ってMG系FLASHではあまり使われない色ですから(海外のモーショングラフィックスでは良く使われるけど)。配色バランスをとるのが難しいのかも…。

そういえば2501さんがconnectsのラストを製作されているそうですね。