ネット上で見つけた動画を紹介します。

GilCrowsの映像技術研究所
[English Here]

TOPRSS

▲スポンサーサイト

--/--/ (--) --:-- | 編集
トップスポンサー広告マジック・ザ・ギャザリングプロツアー決勝戦の対戦映像(ニコニコ動画解説付き)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング コメント(-) スポンサー広告 | | |ページ上部へ

▲マジック・ザ・ギャザリングプロツアー決勝戦の対戦映像(ニコニコ動画解説付き)

05/11/ (金) 20:48 | 編集
トップFlash NEWSマジック・ザ・ギャザリングプロツアー決勝戦の対戦映像(ニコニコ動画解説付き)


 おお。マジックの対戦映像初めて見た。コレは面白いね! 1999年プロツアーシカゴ決勝戦で、エクステンデットのネクロディスクvsカウンターオース。一発のトップデッキで完全に流れが変わっちゃったりして、やっぱりマジックにはマモノが住んでるね。ニコニコ動画の住民が丁寧な解説をしてくれるので分かりやすいです。プレーしたことが無い人も、多額の賞金と名誉がかかった決勝の雰囲気を味わってもらえれば。

【デッキ解説】
カウンターオース(ボブ・メイヤーがこの対戦で使用したデッキレシピあり)
ネクロディスク(ブライアン・デービスがこの対戦で使用したデッキレシピあり)




【1/5 解説】 それ以降は解説面倒なのでニコニコ民に任せるw

0.オース側ダブルマリガンで手札5枚という最悪なスタート。
1.一方のネクロ側、暴露暗黒の儀式ネクロという鬼展開。
2.カウンターオース側手札なくなる圧倒的不利な状態。
3.ライフ吸収スペルを駆使してライフ吸い取り→ネクロでドロー。
4.円盤+ネクロ、一方は手札がほとんどなしという一方的な展開。
5.試合が長引き円盤でネクロを破壊、ドローフェイズを復活させる。
6.円盤を壊した後のオース側の次のドローが「象牙の仮面」→プレーヤーは呪文の対象にならない。
  つまりネクロ側の手札破壊も数少ない攻撃手段の生命吸収も一切効かない状態に。
  ネクロでは、象牙の仮面を破壊しない限りオースを倒せないが、それを破壊する方法は円盤のみ。
  したがってオース側としては円盤をカウンターで通させなければ負けないという状態になり
  形勢は一気に逆転。(だから観客は歓声をあげた)
7.打つ手の無いネクロ側は何とか円盤を引く。
  カウンターが怖いが後に引けない状態なので打ち込む。→通る。
8.と思ったら、相手の手札には悟りの教示者→ライブラリートップに無のロッド
  無のロッドで円盤無効+象牙の仮面で生命吸収シャットアウトで投了。



いちいちタグが笑えるんだがw







スポンサーサイト
コメント
>したがってオース側としては円盤をカウンターで通させなければ負けないという状態になり

日本語でおk、「ネクロ側としては」だな
2007/05/15(火) 20:29:58 * URL * Now_loading...774KB #-[編集]
>したがってオース側としては円盤をカウンターで通させなければ負けないという状態になり

間違ってないと思うけど
2007/05/16(水) 23:04:01 * URL * Now_loading...774KB #-[編集]
何かネクロディスク側がただのバカに見えるんですが
2007/09/29(土) 09:00:56 * URL * Now_loading...774KB #-[編集]
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。