ネット上で見つけた動画を紹介します。

GilCrowsの映像技術研究所
[English Here]

TOPRSS

▲スポンサーサイト

--/--/ (--) --:-- | 編集
トップスポンサー広告The Ronin(UK)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング コメント(-) スポンサー広告 | | |ページ上部へ

▲The Ronin(UK)

10/30/ (日) 14:18 | 編集
トップmotion graphicsThe Ronin(UK)

The Ronin
このプロダクションの作るモーショングラフィックスはの特徴は実写映像をにノイズを入れたり、音楽に合わせて映像を激しくスクラッチしたりするところ。ノイズ音にあわせめまぐるしく場面が入れ替わったりする。とにかく激しい映像が好きだという人向け。
(Motion>WATCH MOVIEかDOWNLOAD MOVIEをクリック)


★Reel 04
このREELはまさにそんな特徴を前面に押し出したものになっている。とにかく激しい。

★Dual/Dual
映像を繰り返し使用することによって緊張感、恐怖感を演出。引き込まれる作品です。

その他の作品も特徴的なものになっている。
<実写にエフェクトを入れるタイプのMG FLASH>

不死蝶[重炭酸ナトリウム]
裏PP出展作品。実写映像メインのモーションってFLASHではまだまだ珍しいですね。このFLASHは今年のMG作品の中でも特に異彩を放っていたもののひとつ。(→関係ないけどzsq2さんがVIPに立てたスレワロス

slicebeat[ほとんどなんにもないところ]
The Roninの作品では映像をぶった切ったような効果が幾度と無く登場するが、去年の紅白に出展されたこの作品も文字通り映像をぶった切ってます。

2004[Elite Motion Designs]
去年の紅白に出品予定だった作品(未完)。flash★bomb'05にて「EMDCR」が公開され話題になったが、この頃からすでに海外のモーショングラフィックスのスタイルを取り入れていることがわかる。

実写を取り入れた作品はまだまだ開拓の余地はあるかも。映像をばらばらにして再構築するというスタイルは結構面白いと思う。まあそれを言うならAE使えばいいじゃんという話になるのかもしれないけど…。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。