ネット上で見つけた動画を紹介します。

GilCrowsの映像技術研究所
[English Here]

TOPRSS

▲スポンサーサイト

--/--/ (--) --:-- | 編集
トップスポンサー広告ビスタサイズを極める。(ぱにぽにだっしゅ!とか)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング コメント(-) スポンサー広告 | | |ページ上部へ

▲ビスタサイズを極める。(ぱにぽにだっしゅ!とか)

04/13/ (木) 13:29 | 編集
トップTVanimeビスタサイズを極める。(ぱにぽにだっしゅ!とか)

今期のアニメを並べてみた。ワイド率はなんとほぼ7割[~ lolipuni ~](かーずSP)
最近本当に、ワイドサイズのアニメ増えましたね。地上波デジタルとかにあわせてのことなのでしょうか?

この16:9の画面比率の規格はビスタサイズと表記されている。実際の(アメリカン)ビスタサイズは1.85:1なので、若干の差異がある。これは日本のBSデジタル放送の16:9の規格に合わせてのことらしい。
(参考)画面サイズ - Wikipedia


DVDなんかにLBビスタなどと表記されているが、LBとはレターボックスの略で、上と下のに黒い帯が入った映像のことをさしている。
(参考)スクリーン・サイズについて




ビスタサイズのアニメの中でも面白いなと思ったのが、ぱにぽにだっしゅ!というアニメで、このアニメではかなり特殊なレイアウトが頻繁に出てくる。同じ監督(新房昭之)の作品の月詠(ネコミミモード)も変わったレイアウトが多かった。


 
このような撮影セットや横からの断面図ようなシーンがよく出てくるが、これは横長のビスタサイズの特徴を生かした演出だといえる。


 
本来なら収まりきらないキャラクターの横並び配置も横長のビスタサイズなら全員を登場させられる。キャラクターの掛け合いが肝のこのアニメでは、ちびキャラなどをからめていっぺんに多くのキャラクターが登場するシーンが多い。


 
横長画面をいっぱいに使うためキャラクターの止め絵はナナメか寝かせた構図になっている。



FLASHでは明確な規格は存在しないため、画面比率は適当である。アニメーションの場合はTVに合わせて4:3が多い。MGではやや横長の比率が多い。これはMGには横向きのモーションが多いためではないかと考えられる。FLASHの画面比率を意識してみるとまた、新たな発見があるかも。




(おまけ)
 
苺ましまろでは、地上波放送の際、左右をバッサリ切り落としている。ほかのBSiのアニメもそんな感じなんでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
ローゼンは地上波放送時に切られてましたよ
あと日テレのBJや、フジのちびまる子ちゃんなんかも16:9のを切ってたりするようです
2006/04/18(火) 22:13:19 * URL * Now_loading...774KB #-[編集]
ワイドTVで見ると上下左右が切れていたりする
2007/04/10(火) 17:10:07 * URL * あ #-[編集]
そういや、東映が日本初のシネスコ映画を公開したときに「画面3倍、興味100倍」というコピーに倣って、「画面3倍、興味半減」なんて悪口もあったそうで…。
2007/04/11(水) 11:31:45 * URL * センパイ。 #J1Gst3A6[編集]
ゴールデンタイムでHD製作のアニメは基本的にサイドカットだったと思います
2007/04/16(月) 20:16:15 * URL * Now_loading...774KB #-[編集]
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。